社会福祉法人 貴和会
職員募集
施設紹介ビデオ

ご連絡・お問合わせ


共に歩む - 社会福祉法人 貴和会

貴和会は新たな出発をともに創出します

アカデミックケアホームとは

 私ども貴和会は同朋大学社会福祉学部を母体に発足し、大学と連携して未来につながる福祉のあり方を模索しております。
 名古屋駅にもほど近い、商業地区大門に隣接した落ち着いた場所に「特別養護老人ホームアカデミックケアホーム太閤」を令和3(2021)年6月、開設いたしました。現在は、日々よりよい介護を目指して研鑽に努めております。
 地域と密接につながり、皆さまとともに、また、最新の福祉諸技術の導入をはかりながら、人のよりよい生のあり方を求めていきます。



貴和会の推進する介護
ケアカルテ画像 眠りスキャン画像
ケアカルテと眠りスキャンの画像
1.最新のICT機器を活用

 ●眠りスキャンで眠りを測定。質の高い眠りを目指します。
 ●ケアカルテとGoogle Workspaceで情報共有を進めます。
 ●コールや各種情報活用に携帯端末を使用します。

2.黒田式ソフト食で「食」から支える
ソフト食

 きざみ食やミキサー食のようではなく、素材の姿かたち、香りと風味をそのままにした食を本会では提供いたします。しっかりとした形があって食欲をそそり、しかも歯がなくても食べられる、この「黒田留美子式高齢者ソフト食」は入居者の皆さまにも好評です。
 毎日いただくものだからこそ、「食」を大切にしたいのです。

お知らせ

ご来訪に関して

施設としましては入居者の皆さまの安全・安心を第一に考え、館内への立ち入りは現在お断りいしております。ご用の節にはお電話ないし入口インターホン越しの対応となりますこと、ご理解いただくようお願い申し上げます。

面会についてのご案内(10月26日改定)新着
 ※現在も安心できない状況がつづいております。
  現在、館内お立ち入りのうえでの面会は行っておりません。詳しくはお尋ねください(052-526-2300)。

貴和会の採用説明会日程表へ



入居を希望される方はご相談ください

2021年11月24日更新

4月12日
入 口 か ら

 6月の入居を申し込まれた方でもお待ちいただいているのが現状です。そのうえで入居を希望される方につきましては、今後も適宜入居検討委員会を開催し、新しい方をお迎えいたしますので、お申し込みください。

【担当】
本保(052-526-2305)
または
事務局(052-526-2300)

 なお、詳細はこのページをご覧ください。



特別養護老人ホーム
"アカデミックケアホーム太閤"概要

【連絡先】貴和会事務所
 名古屋市中村区日吉町22-2
 Tel:052-526-2305 Fax:052-526-2310

 ■ 周辺マップ(中村区日吉町22-2)




 ■ 施 設 ま で の ア ク セ ス


名古屋市地下鉄「中村日赤」より徒歩5分
太閤通「大門通」バス停より徒歩8分

法人設立から現在まで

2021/11/24
菱川さんの第2回「民舞・民謡の集い」は楽しいよ新着
2021/10/29
9月以降のできごとをトピックスページに掲載しました新着
2021/08/01
就労継続支援事業所アカデミックスマイルAが開所しました
2021/06/09
最近のできごとをトピックスページに掲載しました
2021/06/01
開所! ご入居の方をお迎えしました
2021/05/21
貴和会の採用説明会を再開します
2021/05/17
落成式を挙行しました
2021/04
入所申込を締め切りました
2021/03/01
申込開始に伴い、入所案内ページを更新しました
2021/02/13
施設紹介ページを更新しました
2021/02/11
採用情報ページを更新しました
2020/11/24
採用説明会:新年1月23日(土)、2月20日(土)、3月20日(土)に
2020/11/24
厨房機器納入業者はホシザキ東海株式会社に決定しました
2020/11/16
厨房機器の入札申出書の提出を締め切りました
2020/11/02
厨房機器の入札を公告しました
2020/08/20
施設運営の基本方針ページを新設しました
2020/08/14
情報公開ページを更新しました
2020/07/22
施設紹介ページを更新しました
2020/06/04
貴和会ページを公開しました
2020/06/04
日吉町22番地の2で起工式を挙行しました
2020/01/28
入札の結果施工業者はTSUTIYA・伊藤工務店特別共同企業体に決定しました(沿革)
2019/12/10
第6回理事会において花井增實が新理事長に就任しました(沿革ほか)
2019/04/05
中島暉夫初代理事長の下貴和会が法人認可され、登記されました(沿革)