社会福祉法人 貴和会
職員募集
施設紹介ビデオ

ご連絡・お問合わせ

トピックス (1)

2022.02.15~

外国人人材が入職
介護技術だけでなく日本語能力アップも

2022.04

研修中の外国人スタッフ
研修中の外国人スタッフ

 4月1日より、本施設に外国籍の正職員が就職しました。現在4名の新スタッフが研修を受けており、近づくデビューを待っています。
 研修は、介護で必要な知識・技能を習得してもらうことを主眼に置いた研修と、日本での生活に必要な日本語活用能力を付けていく研修の2本のです。
 本会にはカンボジアで現地の人たちに介護の知識・技能を指導してきたスタッフと、外国人相手に日本語教育をしてきたスタッフの二人が主に担当します。実は他にも非常勤職員ですが、ネパール出身の同朋大学留学生が「先輩」としてしっかり勤務しており、必要な時には現地の言葉でサジェスチョンしてくれますので、他の施設と比して環境としてはずいぶん恵まれていると思います。
 研修には時間がかかりますが、フレッシュな気持ちで介護に携わってくれることを期待しております。



施設の地図検索
グーグルマップでの閲覧、5万回越える

2022.03.23

グーグルマップで5万回
グーグルマップの閲覧が5万回

 本当に便利になりました。今、いちいち地域の地図を引っ張り出して見る人はまずいません。インターネットで検索して表示、印刷します。その際便利な地図サイトがいくつかありますが、中でも便利なのがグーグル マップですね。
 今回そのグーグル マップよりメールが来ました。曰く、
「こんにちは 貴和会 さん
あなたが追加した場所が 50,000 回閲覧されました!
 昨年6月の開所から10ヶ月ほど。その間皆さまが問い合わせた結果、5万回を達成! それだけ多くの方からお尋ねいただいたのだ、と改めて皆さまに感謝いたします。



中村区役所地域力推進室制作
「大門カード」に旧料亭稲本が入りました

2022.03.23

大門カードの説明稲本カード
「大門カード」に昔の姿が(クリックでPDFを表示)

 施設の建つ地区は「大門地区」です。その昔遊郭がありました(今のピアゴの位置です)。そして昭和34年、ここ、日吉町22番地で料理旅館「稲本」が営業を開始、その後デイサービス施設となりました。
 この施設の「昔」を伝える大門カードです。施設に入ってすぐのカウンターに配布場所を設けました。外からお越しの方は玄関口インターフォンでお知らせください。

 なお、中村区役所地域力推進室制作のチラシを掲載しました。カード・チラシの画像をクリックするとPDFで閲覧できます。



3月の月イチ行事
 懐かしの青春歌謡?も

2022.03.17

3月懐かしの歌
自然と口から声の出る懐かしの歌

 3月17日(木)、3月の月イチ行事を行いました。
 今回は菱川さんの到着が少し遅れ、その間「鐘の鳴る丘」や「リンゴの唄」など、皆さんよくご存じの戦後の歌を歌い、楽しみました。
 歌詞は皆さんよく覚えていらっしゃって、いちいち書いたものを見なくても自然と声が出ます。
 最後は「銀座カンカン娘」でしめて、菱田さんの民謡にバトンタッチ。民謡そのものはいつもより時間が短かったのですが、歌は歌で声が良く出せてよかったのではないでしょうか。
 なお、4月以降については、まだ決まっておりません。まん延防止も一応「一段落」しましたので、次を考えたいと思います。



新鮮野菜の自販機 設置しました

2022.03.01

野菜自販機 新鮮野菜
玄関横に立つ野菜自販機(左) 中には新鮮野菜が(右)

 4月開所します「アカデミック小規模多機能太閤」に利用者の皆さんに育てて楽しんでいただける水耕野菜栽培の機材を設置しました。
 その設置業者から「こんなの、どうですか」と勧められたのが新鮮野菜の自動販売機。中には当の業者が栽培し、きちんと包装した野菜が入っています。水洗いなしにそのまま食べていただけるというのが売りの文句(写真)。
 試しに買って食べてみました。食感もよく、何より新鮮! 入れた直後だと賞味期限が2週間となっています。
 お立ち寄りの折にはぜひ、ご利用ください。なお、料金はちょっとお高い300円です。

【参考:株式会社つくらぼ】https://tsukulabo.co.jp/



1月2月の月イチ行事
 2月は名古屋ばやしを手振りで

2022.01.17/02.16

2月名古屋ばやし 1月こきりこ
皆さん楽しみにしています(左2月)(右1月)

 年が改まり、1月16日(月)、1月の月イチ行事を行いました。
 続けて2月17日(木)、2月の月イチ行事を行いました。いずれも菱川さんをお招きしての取り組みです。
 愛知県にまん延防止等重点措置が実施されている期間だけに、対策を取っての実施でしたが、入居の皆さんはお待ちかねのご様子で、2月時はボランティアの菱川さんも驚くほど積極的に打楽器を叩き、体を動かしての参加でした。

 ただ、4月以降は現在の所予定が立っておらず、まずは様子を見てからになっております。
 入居者の皆さまやご家族には歯がゆい思いでしばらく我慢していただくほかありません。早く何の心配もない時が来ないかと願うばかりです。



災害は忘れたころに・・・
 夜間の地震を想定 防災訓練実施

2022.02.15

防災訓練
発電機を動かしてみる

 災害は忘れたころに、と言われます。南海トラフ地震については「いつ起きてもおかしくない」と言われています。当然注意しなくてはいけません。
 が、名古屋市のハザードマップによればここ日吉では最大級を想定しても津波は0.5m未満となっており、津波に関してはむしろ「安全な地帯」と言えます。ただ、その他、液状化現象や火災や、いろんなことを想定して対応していかなくてはなりません。
 今回は一番人手の少ない夜間を想定し、訓練しました。実際には入居者の皆さんの転倒・転落や不慮の事故が心配されますが、まずは皆さんの安全を確認し、状況を集約するまでやってみての問題点を洗い出しました。
 なって欲しくはありませんが、いざというときに訓練が生きればと思っております。



トピックスページが新しくなりました
2021年12月までのトピックスページはこちら

2022.02.24


トピックス > P1 > P2 > P3